教員が出版した発刊本の紹介

環境教育と開発教育-実践的統一への展望:ポスト2015のESDへ(持続可能な社会のための環境教育シリーズ5)

  1. 著者:田中治彦・鈴木敏正・佐藤真久(編著)
  2. 発刊本タイトル:環境教育と開発教育-実践的統一への展望:ポスト2015のESDへ(持続可能な社会のための環境教育シリーズ5)(筑波書房)
  3. 発行年:2014/07
  4. 価格:2,800円+税

  1. 序章  環境教育と開発教育の実践的統一にむけて
  2. 第1章  ESDにおける環境教育と開発教育の融合 ─環境教育における貧困・社会的排除問題、開発教育論の位置づけ
  3. 第2章  開発教育から見た環境教育の課題─DESD後の協働の可能性と必要性
  4. 第3章  地域での持続可能な文化づくりと学び─開発教育と環境教育の実践的統一に向けて
  5. 第4章  公害と環境再生─大阪・西淀川の地域づくりと公害教育
  6. 第5章  自然保護から自然再生学習を経て地域づくり教育へ ─教職教育の立場から
  7. 第6章  途上国における持続可能な地域づくりと環境教育・開発教育─ドミニカ共和国におけるJICAプロジェクト「TURISOPP」をもとに
  8. 第7章  学社協働の担い手づくり─ドイツの事例に基づいて
  9. 第8章  3.11と向きあう開発教育 ─開発教育協会(DEAR)の試行的実践
  10. 第9章  循環型地域社会づくり─農・食・農村共同体との価値と開発教育…
  11. 第10章 私たちのグローカル公共空間をつくる─開発教育の再政治化に向けて
  12. 第11章 持続可能な社会構築における教育の役割 ─“市民の形成 ”に向けた社会運動体としてのグローバル・ネットワークへ
  13. 第12章 ポスト2015開発アジェンダにおける教育の機能と役割 ─国連教育イニシアティブ(GEFI)と教育に関する包括的協議に基づいて
  14. 終章 グローカルな実践論理としての環境教育と開発教育 ─環境教育と開発教育の実践的統一にむけた展望

総合人間科学部

アクセス アクセス