教員が出版した発刊本の紹介

多文化共生社会におけるESD・市民教育

  1. 著者:田中治彦・杉村美紀(編著)
  2. 発刊本タイトル:多文化共生社会におけるESD・市民教育(上智大学出版)
  3. 発行年:2014/09
  4. 価格:2,000円+税

  1. 序章 多文化共生社会におけるESD・市民教育(田中治彦)
  2. 第1部 多文化社会における教育
    1. 第1章 多文化主義とは何か―その歴史と課題―(加藤守通)
    2. 第2章 人の国際移動と多文化社会の教育変容 ―多様化する国家と個人の教育ストラテジー ―(杉村美紀)
    3. 第3章 欧州におけるムスリム移民の教育問題 ―「学力」と「違い」が問いかけるもの―(丸山英樹)
    4. 第4章 開発途上国と紛争後社会の教育と多文化共生(小松太郎)
  3. 第2部 持続可能な社会と教育
    1. 第5章 持続可能な開発のための教育(ESD)の歴史と課題(田中治彦)
    2. 第6章 人口問題から見た持続可能な社会の実現(鬼頭宏)
    3. 第7章 批判的教育学から見た今後の日本におけるESDの意義と課題(澤田稔)
    4. 第8章 ESDに基づく総合的な「安全教育」(北村友人)
    5. 第9章 ポスト「国連ESDの10年」の課題 ―国際的な理念と国内の実践との齟齬から見えてくる日本の教育課題―(永田佳之)
  4. 第3部 市民教育の可能性
    1. 第10章 グローバル化時代のシティズンシップと教育(髙祖敏明)
    2. 第11章 民主主義の持続可能性と市民教育(近藤孝弘)
    3. 第12章 総合的な学習の時間とESD・市民教育(奈須正裕)
    4. 第13章 倉橋惣三の保育理論にみる国民教育と市民教育の課題(湯川嘉津美)
  5. 終章 グローバル時代の市民教育の創造(田中治彦)

総合人間科学部

アクセス アクセス