教員が出版した発刊本の紹介

災害復興からの介護システム・イノベーション

  1. 著者:小笠原浩一・栃本一三郎(編著)
  2. 発刊本タイトル:災害復興からの介護システム・イノベーション(ミネルヴァ書房)
  3. 発行年:2016/07/10
  4. 価格:3,000円+税

  1. 序 章 災害復興からの介護システム・イノベーション(小笠原浩一)
    1. 1 災害とシステム・イノベーション
    2. 2 介護保険制度と地域介護システム
    3. 3 大規模災害と地域介護システムの進化
    4. 4 本書の構成
  2. 第 I 部 災害復興と新たな介護サービス
    Summary(小山秀夫)
  3. 第1章 被災者包括サポートセンター構想(小山 剛)
    1. 1 中越地震の状況
    2. 2 地域包括ケアへのチャレンジ
    3. 3 被災者を支えるサポートセンター
    4. 4 広域な支援システム
    5. 5 事業継続と全国展開
  4. 第2章 コミュニティ型仮設住宅(高橋昌克)
    1. 1 市長の第一声「町の半分がなくなった」
    2. 2 3カ月後を考えた心のケア
    3. 3 コミュニティケア型仮設住宅(平田第仮設住宅)の試み
    4. 4 医療介護からのコミュニティ型仮設住宅の考察
  5. 第3章 平時の民間事業者連携力を活かした重点型支援(今村あおい)
    1. 1 被災地支援の経緯と概要
    2. 2 被災地支援の実施状況
    3. 3 被災地の介護支援において求められる能力
    4. 4 平時からの取組みが緊急時に生きる
  6. 第4章 災害緊急時広域介護支援ネットワークの萌芽(田中知宏)
    1. 1 東日本大震災における介護現場の混乱
    2. 2 介護現場に対する介護事業者団体および専門職団体による支援
    3. 3 求められる災害緊急時広域介護支援ネットワーク
  7. 第5章 民間プロポーザルによる仮設住宅サポート拠点(馬袋秀男)
    1. 1 釜石市平田地区仮設住宅サポート拠点運営受託における取組み
    2. 2 サポートセンターでの役割から学ぶ
    3. 3 物も心も豊かにするサービスを届けるために
  8. 第6章 福祉仮設住宅の創造的活用(池田昌弘)
    1. 1 福祉仮設住宅とは何か
    2. 2 石巻・開成のより処「あがらいん」の成り立ち
    3. 3 仮設期における「あがらいん」の具体的な実践と課題
    4. 4 復興期における一般化に向けた「ひなたぼっこ」の展開
    5. 5 あがらいん・ひなたぼっこの継続のための提案
  9. 第7章 被災者支援アプローチの工夫と組織づくり(斉藤正身・工藤健一)
    1. 1 医療法人真正会の被災者支援活動
    2. 2 被災者支援におけるサービスアプローチの工夫
    3. 3 事業者間連携を可能にする組織づくりと組織運営
  10. 第8章 モバイルデイケアとリハビリテーション・サービスの多機能化(土井勝幸・加藤 誠)
    1. 1 災害とリハビリテーション
    2. 2 巡回型リハビリテーション(モバイルデイケア)の基本構想
    3. 3 石巻市「にっこりサンパーク」における取組み
    4. 4 モバイルデイケア事業全体の効果の検証
    5. 5 被災者支援を通じたリハビリテーションのイノベーション
    6. 6 作業療法による貢献
  11. 第 II 部 復興への介護システム・イノベーション
    Summary(栃本一三郎)
  12. 第9章 復興に向けた新たな社会連携支援(長野 洋)
    1. 1 まずは現場へ
    2. 2 民間活動とそれを支える寄付,助成の動き
    3. 3 WAM助成を活用した民間活動の実例
    4. 4 民間活動の課題と広域支援体制の整備
    5. 5 地域の再生と民間活動の役割
  13. 第10章 震災復興における医療・介護システムの重要性(後藤 純・辻 哲夫)
    1. 1 後期高齢者の急増
    2. 2 在宅医療を含む地域包括ケアシステムの構築に向けて
    3. 3 被災地復興の理念と道筋
    4. 4 被災地と都市部の未来の共通点
    5. 5 千葉県柏市豊四季台地域での取組み
    6. 6 被災地でのコミュニティケア型仮設住宅地の取組み
    7. 7 災害復興住宅における住民自治組織の立ち上げ
    8. 8 新しい手法の提案
  14. 第11章 地域医療の充実に向けて(石井 正)
    1. 1 震災への対応から地域医療体制整備へ
    2. 2 石巻医療圏における東日本大震災への対応
    3. 3 見えてきた被災地を中心とした宮城県・東北地区の地域医療の現状
    4. 4 地域医療再生への課題
    5. 5 地域医療充実に向けた東北大学の取組み
    6. 6 地域医療充実のための具体的対策
    7. 7 真に有効な地域医療の充実を目指して
  15. 第12章 後方医療・介護機能の弾力的編成(青沼孝徳)
    1. 1 涌谷町の地域包括ケアシステム
    2. 2 震災時における「地域包括ケアシステム」の有用性
    3. 3 復興にふさわしい健康都市コミュニティ像
  16. 第13章 24時間医療を核にする地域包括ケア構想(長 純一)
    1. 1 石巻市における地域包括ケアへの端緒
    2. 2 仮設住宅入居者の健康問題と仮診療所の取組み
    3. 3 石巻市全体の健康問題の実態
    4. 4 仮設住宅自治会活動・ボランティアとの連携・地域の支え合い
    5. 5 石巻地域包括ケア推進協議会と包括ケアセンター
    6. 6 石巻の地域包括ケアの将来
    7. 7 石巻の地域包括ケアと市立病院の将来
    8. 8 さらなる展開:多職種協働教育の実践へ
  17. 第 III 部 地域包括ケアシステムへの新機軸
    Summary(田中 滋)
  18. 第14章 地域包括ケアの推進(唐澤 剛)
    1. 1 地域ごとの高齢化状況の違い
    2. 2 社会保障・税の一体改革と地域包括ケアシステム
    3. 3 地域包括ケアシステムの法律上の位置づけ
    4. 4 地域包括ケアシステムの図の変遷
    5. 5 地域包括ケアシステムの構築にあたっての留意点
  19. 第15章 地域包括ケア体制の経営(西田在賢)
    1. 1 体制の経営管理に備える
    2. 2 地域包括ケアのシステム化と呼び方について
    3. 3 地域包括ケア体制の「経営」
    4. 4 医療・介護保障のサステイナビリティ
    5. 5 サステイナビリティの根拠はアカウンタビリティ
    6. 6 ヒューマン・セキュリティという概念
    7. 7 国と地方で分担する医療・介護保障の制度経営
    8. 8 地域保険と地域完結型医療・介護保障
    9. 9 医療・介護保障改革の要
  20. 第16章 地域包括ケアシステム化に向け自治体および事業者の担う役割(宮島俊彦)
    1. 1 地方分権の試金石
    2. 2 日常生活圏域ニーズ調査と地域包括ケア計画
    3. 3 医療・介護総合確保推進法案
    4. 4 医療と介護の連携の課題
    5. 5 医療と介護の連携方策
  21. 第17章 地域包括ケア推進における老人保健施設の新たな役割(東 憲太郎)
    1. 1 地域包括ケアシステムとは
    2. 2 老健とは
    3. 3 2025年に向けた老健の未来像
  22. 第18章 「地域包括ケア」システム化の最適単位(本田哲三・本田玖美子)
    1. 1 「高齢者協同企業組合」の登場
    2. 2 泰阜村の状況と設立趣旨
    3. 3 高齢者協同企業組合泰阜の実践
    4. 4 活動継続への課題と今後の展望
  23. 第19章 災害対応の国際的なガイドライン(小笠原浩一)
    1. 1 「心理社会支援」と「統合的ケア」
    2. 2 心理社会支援モデル
    3. 3 国際赤十字・赤新月社(IFRCS)の「心理社会介入」モデル
    4. 4 災害対策における優先性と復興力
    5. 5 「心理社会支援モデル」の応用
    6. 6 ケアの統合性と統合の中身
  24. 終 章 地域包括ケアシステムは社会実験か,未来の社会についての解釈論か(栃本一三郎)
    1. 1 既存枠を超え始めた地域包括ケア
    2. 2 教育場面に及ぶ地域包括ケア
    3. 3 人口減少による転換
    4. 4 人口減少の影響とヨーロッパにおける包摂・包括の意味
    5. 5 巨視的視点,社会政策からみた地域包括ケアの意味
  25. あとがき
  26. 索  引

総合人間科学部

アクセス アクセス