• TOP
  • 教員が出版した発刊本の紹介
  • 雇用関係と社会的不平等 -- 産業的シティズンシップ形成・展開としての構造変動 労働者の分断を生む階層構造と排除のメカニズムに迫る 目次

教員が出版した発刊本の紹介

雇用関係と社会的不平等 -- 産業的シティズンシップ形成・展開としての構造変動
労働者の分断を生む階層構造と排除のメカニズムに迫る

  1. 著者:今井順
  2. 発刊本タイトル:雇用関係と社会的不平等 -- 産業的シティズンシップ形成・展開としての構造変動 労働者の分断を生む階層構造と排除のメカニズムに迫る
  3. 発行年:2021/01/20
  4. 価格:5,940円

  1. 第1部 産業的シティズンシップによる不平等と排除
    1. 第1章 雇用関係の形成と産業的シティズンシップ
    2. 第2章 企業別シティズンシップの形成
  2. 第2部 労働市場の規制緩和と再規制──企業別シティズンシップによる平等の限界
    1. 第3章 労働市場の新しい分断──規制緩和による非正規雇用の拡大
    2. 第4章 労働市場の再規制──分断の意図しない正当化と可視化
    3. 第5章 非正規雇用を生きる若年男性──去勢されたライフコースで経験する葛藤
  3. 第3部 正規雇用者管理の厳格化──企業別シティズンシップによる階層化の進展
    1. 第6章 裁量労働制の拡大──労働時間の規制緩和と努力の再交渉による労働者の分断
    2. 第7章 成果主義労務管理制度の導入──「努力」の再交渉による階層化
    3. 第8章 階層化としての多様化──「義務」遂行能力による選別と限定正社員
  4. 第4部 結語──分断化・階層化の認識基盤とその変化
    1. 第9章 日本的雇用関係の変化と社会的不平等の構造──変わる企業別シティズンシップへの認識

総合人間科学部

アクセス アクセス