教員が出版した発刊本の紹介

岩波講座社会学 第11巻 階層・教育

編者 筒井淳也・相澤真一

発行年 2024年4月

価格 3,400円+税

目次

刊行にあたって

Ⅰ 階層と社会構造

  1. 学歴分断と不平等…吉川 徹
  2. 世代間移動における出身階層測定の再検討…三輪 哲
  3. 教育選択をめぐるブリーン・ゴールドソープの相対的リスク回避仮説の検証…藤原 翔
  4. 戦前期大卒労働市場のマッチング
    ──制度と「埋め込み」の視角…福井康貴

Ⅱ 教育と学校の影響力

  1. ストリートダンスからフリーターへ
    ──進路選択のプロセスと下位文化の影響力…新谷周平
  2. マルチレベルモデルを用いた「学校の効果」の分析
    ──「効果的な学校」に社会的不平等の救済はできるのか…川口俊明
  3. 高校入試における、通塾の「進学校」選択に及ぼす効果の検討…中澤 渉
  4. 日本社会におけるメリトクラシーの限定性
    ──高校就職指導を事例として…堀有喜衣

Ⅲ 階層・教育の未来を見据えて

  1. 教育達成におけるジェンダー・ギャップとその背景
    ──「ジェンダー・トラック」論後の三〇年…中西祐子
  2. 生きづらさからの不登校研究に向けて
    ──当事者の視点から「貧困」と「選択」をつなぐ…貴戸理恵
  3. 〈高卒当然社会〉の来し方行く末…香川めい/相澤真一
  4. OVERVIEW
    四半世紀の階層の社会学と教育の社会学をめぐって…相澤真一