各学科のご案内

教育学科

在学生


上智大学SAIMS制度を利用して
フィリピン留学中(左が本人)

佐久間 萌子さん

(教育学科3年生)

児童労働の姿を目にしたことを機に、途上国の開発と教育について興味が湧き、現在は国際教育開発学のゼミで学んでいます。また、フィリピンでの交換留学の経験後、日本の教育の歩みを深く知りたいと思うようになり、日本教育史のゼミも履修しています。本学科での学びは、様々な面で私を大きく成長させてくれたと実感しています。

※勤務先・所属等は2015年7月現在のものです。

姜 珠恵さん

(教育学科3年生)

私は教育学科での学びを通じて、人間ー教育ー世界に向けた多角的な視点を確立することを目指しています。1、2年次の基礎科目では教育学的観点や知識を習得し、現在は外国教育史、教育哲学のゼミに所属しながら、それぞれの領域における諸問題をより深く考察し研究しています。 これまでに自身が受けてきた民族教育や文化的背景に基づいた経験のもと、教授の方々や多くの学生達と様々な分野、領域での学びを通じ交わっています。その中では日々新たな発見があり、自身にとって実りある学びの場となっていることを実感しています。

※勤務先・所属等は2015年7月現在のものです。

卒業生

南 真由さん

(インド・チェンナイ大学院、ロヨラカレッジ学科修士課程在籍、2014年教育学科卒業)

国際協力に教育の視点から関わりたくて、上智大学教育学科に入学しました。大学での4年間は学問的知識を養うだけでなく、国際協力に関わる人間としての姿勢を学ぶ機会に溢れていました。現在はインド・チェンナイの大学院にて、SocialWorkを勉強しています。一年のうち半分以上をスラムや農村で過ごしていますが、そのような現場においても、上智で学んだ4年間が私の軸となっています。

※大学院卒業後、外務省「草の根・人間の安全保障無償資金協力」外部委嘱員としてチェンナイ領事館にて勤務。

西尾 眸さん

(株式会社ベネッセコーポレーション勤務、2007年教育学科卒業)

「教育」をアカデミックに学びたかったため、教育学部ではなく文学部(当時)教育学科の上智を選びました。教育哲学で自身の教育観を深堀りし、教育史に触れ、学校現場にも足を運び…と幅広く学ぶ中で、大局的に教育業界に携わりたいと思い、教育雑誌の編集者となりました。大学で得た教育への情熱が、いまの仕事の原動力です。

※勤務先・所属等は2015年7月現在のものです。

坂本 寿太郎さん

(国連ユネスコ・パリ本部勤務、2004年教育学科卒業)

自らの人生を自ら導くという権利を教育を通じて全ての人々に取り戻す。この志を立てたのは、多様な価値観を持つ仲間と切磋琢磨し、未知なる世界に踏み出す勇気を養い、自らの可能性に挑み続けた上智での4年間。教育開発の専門家として途上国の教育改革に従事し、ユネスコで世界的な教育戦略の形成に携わる原点がそこにある。

※勤務先・所属等は2015年7月現在のものです。

渡辺 栄二さん

(在英国日本国大使館参事官、1996年教育学科卒業)

文部科学省にて様々な教育改革を担当し、現在、在英国日本国大使館にて英国の教育政策の調査分析、日英の大学・教育交流の促進等を担当しています。上智大学教育学科にて諸外国の教育制度の研究、日本の教育政策の討論、学生による授業評価の調査・試行など、国内外の教育政策を様々な観点から見つめ直し、よりよい教育制度の構築のために何を改革すべきかを考え続けたことが、これまでの文部科学省や現在の仕事に役立っています。

※勤務先・所属等は2015年7月現在のものです。

中越 由佳奈さん

(横浜女学院 英語科教諭、1992年教育学科卒業)

文科省のスーパーグローバル・ハイスクール・アソシエイト校としてESD(持続可能な発展のための教育)に取り組んでいます。ESDは大学生の頃から実践したいと思っていたことで、教育学科の先生方は卒業後も惜しみなくご助言をくださり、実践に生かしています。学生時代に理想を求め実社会で諦めずに実現していく。教育学科での学びが私の原動力です。

※勤務先・所属等は2015年7月現在のものです。

栗原 峰夫さん

(横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校 校長、1982年教育学科卒業)

横浜市立高校教員として22年務めた後、教員委員会事務局を経て、現職に至っています。教育学科で出会った先生方、友人、そして学問により、教育の現場で必要となる「高い視点と広い視野」を得ることができました。恩師や同窓生との縁は続いており、「人と人の関わり」を大切にするところに、教育学科の魅力があると実感しています。

※勤務先・所属等は2015年7月現在のものです。

佐々木 正文さん

(東京都立武蔵野北高等学校 校長、1980年教育学科卒業)

教育の中で最も大事にすべきことは人を敬い直接に交わることだと考えて35年以上高等学校での指導・経営に携わってきました。その原点は上智大学の教育学科という恵まれた環境での学びと先生や友人との関係から得た経験にあります。教育学科は多様な社会から求められる力のある人材へと成長させてくれる温かい教育の場です。

※勤務先・所属等は2015年7月現在のものです。

総合人間科学部

アクセス アクセス