各学科のご案内

社会学科

教育方針

公正で自由な社会の実現を目指し、さまざまな不平等・不公正を生み出すメカニズムの解明、多様な価値観やライフスタイルが共存できる社会制度や社会意識の探究を目的としています。人間の尊厳のために、社会と人間の相互関係への視点を基本に、人間の誕生から死に至る、ミクロからマクロまでのさまざまな社会集団や社会制度を研究対象とし、理論的・実証的な知見の獲得、その現実社会への応用力の育成を行います。国際的な視野と自由な人間性を重視する立場から、新たな社会事象や社会問題を総合的に分析する力を身に付け、社会制度や社会環境の改善に向けて、行政・企業・地域社会などで建設的な視点で政策や実践を構想・提言できる人材を育成します。

カリキュラムの特徴・履修科目

1~2年次に社会学の基礎を身に付けます。「基礎演習」では、15人程度のクラスで論文の書き方や発表方法を学びます。また、英語による基礎文献講読により、外国と日本社会を比較する視点を養います。「社会学理論」では、社会学的なものの見方や考え方を体系的に身に付け、「社会調査方法論」では、それを実際の社会現象に適用し分析します。同時に、2年次からは、多様な社会学の専門科目を学び、かつ必要に応じて他学部科目も履修ができます。3年次の演習では、共同研究やディベートなどのグループ活動を、4年次は卒論・ゼミ論に向けた準備作業を行います。

【履修科目一覧表】(画像をクリックすると拡大図を表示いたします)履修科目一覧表

※科目の詳細については、Webサイトのシラバスをご覧ください。

FAQ

Q.他学科の授業が多くとれると聞いたのですが。

A.社会学科は他の学科と比較すると、全員が履修しなければいけない必修科目は本当の基礎だけに絞り、個々の学生の関心に沿って、授業が選択できるようになっています。これは自分の好きなことを勝手に勉強しなさいということではありません。社会学は範囲が広いので、ある領域を選んで学ぶことになり、その選択が任されているのです。

またもうひとつの理由は、幅広い関連分野を学ばないと社会学の扱う問題を理解することが難しいということです。経済学、法律学、あるいは心理学や生物学にいたるまで、どんな広い知識も有益となります。他学部、他学科の科目を含め、広く選択できるようになっているのはこのような理由からです。

高校生だった私への手紙

松本 唯人(4年)

2013年、故郷・宮崎県で迎える18度目の暑い夏、受験勉強に励む君はどのような大学生活を思い描いているだろうか。目の前のことに精一杯で、将来のことは考える余裕もないといった状況だろう。ある意味で「思考停止」の君へ、未来ニュースを送る。上智大学で初めて出会った「社会学」は、僕が思考と行動を開始するキッカケとなった。「当たり前を疑うこと」から出発する社会学に触れ、僕は日々の疑問を確認するためにさまざまな「社会」へ足を運んだ。今では平和と教育をテーマに、日本全国・海外20カ国を自転車で旅し、歴史・貧困・環境問題など、体験から学んだ「知ることの大切さ」を、授業を通して中高生に伝える「放浪大学生」となっている。僕は君が想像しているよりずっと好奇心に満ち、充実した日々を過ごしている。「己を知り、己に克て」。僕が君から受け継いだ座右の銘だ。自分を知り、自らの限界を超えることが目標への第一歩。さて、僕を知った君はどう考え行動するだろうか。「思考開始」は、疑問と発見に溢れた魅力的な未来へと君を導くだろう。

概要

□設置年:1966年

□学生総数:268人(男子:92人/女子:176人)

□教員総数:8人

科目紹介

文化社会学

現代の文化活動として、自己啓発セミナー・エステ・占い・ヒーリング等を取り上げ、「自分探し」や「癒やし」など個人のアイデンティティに関わる精神文化の実態と社会的背景を解説する。

ジェンダーの社会学

従来「自然」な属性と考えられてきた「女らしさ」「男らしさ」を社会的に生み出されたもの=ジェンダーとして把え直し、性別役割分業・ジェンダー格差・性の商品化などの社会問題を考察する。

ライフスタイルの社会学

個人・家族と社会構造を結ぶものとしてライフスタイルをとらえ、その諸要素や歴史的変遷、消費や時間、生活問題への対処や社会関係の再形成など、人々の生のあり方について考察する。

エイジングと世代の社会学

長寿化の進んだ現代社会における老い(エイジング)とは何かについて学ぶ。少子高齢化社会の現状と特徴、成人期への移行、世代間関係、〈老い〉をめぐる諸問題などについて考察する。

グローバル化の社会学

現代において、人の移動やコミュニケーション、そしてそれらに対する管理・統制は、地球規模で広がっている。身の回りの現象にグローバル化の問題を発見しそのメカニズムを理解する。

環境と民俗

観光客がため息をつく「美しい」海が、地元の漁師には「汚れたなんてもんじゃない、死んだ」と形容されるのはなぜだろうか。同じ日本社会のひとつひとつの生活圏を異民俗(文化)圏として捉える方法論を学ぶ。

社会階層論I

社会生活に必要な社会的資源(収入、職業、学歴など)が、どのように不平等に配分されているのか、不平等の形成メカニズム、近年の変化、社会政策と不平等との関係について学習する。

経済とネットワーク

ネットワークとは何か。経済現象への社会学的アプローチを理解し、経済行為にネットワークが与える影響を考察する。特に、労働・製品・金融市場におけるネットワークの役割を学ぶ。

政治社会学 I

私たちはどのような社会システムにどのように参加しているのか、またはどのように参加しえるのか。国家、市民社会、社会運動というトピックについて、社会学の理論をもとに、日米などの事例を読み解く。

教員・研究分野

氏名 研究分野
教授 田渕 六郎 家族とライフコースの社会学、エイジングの社会学などについて研究
教授 芳賀 学 宗教社会学、文化社会学の研究をベースに、社会と宗教との関わりを解明
教授 藤村 正之 人々の「生」のあり方と社会構造・社会変動の関係などについて研究
教授 吉野 耕作 ナショナリズムの社会学、グローバル化の社会学を中心に研究
教授 渡辺 深 社会構造(ネットワーク、文化、権力)が経済や組織に与える影響を研究
准教授 植田 今日子 環境社会学、民俗学をベースに異文化圏としてのコミュニティについて研究
准教授 猿谷 弘江 社会運動と市民社会について研究
特任助教 酒井 計史 職業・労働と社会調査法について研究

総合人間科学部

アクセス アクセス