各学科のご案内

社会福祉学科

教育方針

本学科では、他大学に見られないような、社会福祉臨床の実践を担う高度専門職業人の養成にとどまらず、人間らしい暮らしを営むことのできる福祉社会のデザインを描き、具体的な政策立案・運営管理ができる専門家、さらに社会福祉に関する研究者・教育者など、豊かな福祉社会の実現にさまざまな形で貢献する高度な人材の育成を目的としています。そのために学生は福祉理論を学び、同時に現場実習(選択)などで理論と実践を結び付け、それらを統合することでより高度な福祉教育を身に付けます。幅広い知識や教養を持ち、地域社会や福祉の現場で、また一般企業、行政、NPOなどの機関で指導的な役割を果たせる人材を養成します。

カリキュラムの特徴・履修科目

1年次の「基礎演習」では、少人数のゼミ形式で社会福祉研究および実践の基礎を固めます。2年次からは「相談援助の基盤と専門職」「社会福祉政策論」「福祉経営論I」のほか、福祉政策運営管理系または福祉臨床系の科目群の履修が始まります。「福祉経営論II」では、現場や地域における福祉のデザインについて考え、開発することを中心に学びます。一方、「社会福祉の歴史と社会福祉思想」や「社会福祉倫理学」「保健医療サービス論」「雇用政策論」など他大学にはない学術的、専門的な科目を履修します。「演習」では、教員の専門に対応し、2~4年次まで自分の関心に応じて幅広く学ぶことができます。

【履修科目一覧表】(画像をクリックすると拡大図を表示いたします)履修科目一覧表

※科目の詳細については、Webサイトのシラバスをご覧ください。

FAQ

Q.取得できる資格について教えてください。

A.社会福祉士とは、「社会福祉士・介護福祉士法」に基づく国家資格で、専門知識と技術を持って心身の障害や環境上の理由により、日常生活を営むのに支障がある人の相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者または医師その他の保健医療サービスを提供する者、その他の関係者との連絡、調整などの援助を行う者のことです。

実習を含む指定科目をすべて履修することで、卒業と同時に受験資格を満たすことができます。

高校生だった私への手紙

菅野 安佳莉(2016年度卒業)

受験生の頃のあなたは、漠然と福祉を学びたいという気持ちを抱いていることでしょう。将来は誰かの役に立ちたい。こういった想いで福祉を学ぶことになりますが、福祉の領域は想像以上に広く深い学問だと気づくことになると思います。福祉の学問は学べば学ぶほどに興味深く、面白い学問です。良い先生方や志の高い友人に恵まれ、今は社会福祉学科に入学して本当に良かったと感じています。勉強やサークルのほか、中学生の頃から行きたいと思っていたインドのマザー・テレサの施設にボランティアとして参加するなど、大学生活は充実したものとなりました。受験生のあなたは今、不安でいっぱいの中、努力していることと思います。大学でも「努力」は必要ですが、努力した分だけ結果もついてきますし、視野も広がります。だから高校生のあなたもそのまま「努力」を続け、目標に向かって頑張ってください。想像以上の明るい未来が待っていると思います。

概要

□設置年:1976年(社会学科社会福祉学専攻[前身])

□学生総数:289人(男子:80人/女子:209人)

□教員総数:8人

科目紹介

社会福祉政策論

社会政策学は社会そのものをデザインする学問です。授業では社会保障や狭義の社会福祉はもとより雇用や住宅、さらには部分的には教育にまで及び、より良き社会を作るための政策手段を学びます。

精神保健福祉論

精神保健福祉論では、21世紀の社会的課題である精神障害者の相談援助活動と制度およびサービスの関係を理解し、精神障害者の支援に関連する制度とサービスの知識と支援内容を詳しく学びます。

社会保障論 I

現在の社会保障制度を体系的に正しく理解し、社会にとって持続可能な社会保障制度をいかに構築できるかについて、財政との関係等さまざまな角度から考察します。

司法福祉論

犯罪・非行という社会現象を福祉的視点から解明し被害者の権利擁護・支援、加害者の更生、コミュニティの果たすべき役割等について考察。近年注目の修復的司法の理念・実践も取り上げます。

当事者福祉論

これから『当事者福祉論』という新たな分野を確立するための科目として、当事者の組織化やエンパワメント、当事者を支援するソーシャルワーカーの役割変化について考えていきます。

福祉経営論 II

ソーシャルアントレプレナー(社会起業家)として仕事をしていくための授業。福祉開発の手法について事例を取り上げ、政策とサービスの中間に位置するマネジメントの発想を掴みます。

雇用政策論

本講義では、働くことの本質や多様性の理解、それを支える法律や制度、さらには具体的な施策や就労支援の内容について、福祉施策等との関連から詳しく学びます。

教員・研究分野

氏名 研究分野
教授 伊藤 冨士江 ソーシャルワーク実践、修復的司法に関する研究
教授 大塚 晃 障害児者などの地域生活支援システムを研究
教授 岡 知史 当事者福祉論およびコミュニティソーシャルワーク
教授 栃本 一三郎 社会福祉政策、人口減少社会、援助論を含む社会福祉の諸理論についてリフレクティブな検討
教授 藤井 達也 精神保健福祉の援助と政策に関する研究
准教授 髙山 惠理子 保健・医療領域のソーシャルワーク
准教授 藤井 賢一郎 医療、福祉、介護などのシステムを研究
助教 道念 由紀 言説手法の援助関係論への展開―高齢、認知、精神障害領域

総合人間科学部

アクセス アクセス