社会福祉学科 / 社会的・文化的に生きる「人間の尊厳」を研究しこれからの福祉社会のデザインを描く

教員からのメッセージ

岡 知史教授

上智の社会福祉学科は、政策から臨床まで幅広く学べ、実習教育も非常に充実しています。他大学では実習は実習専門の若い講師が担当することが多いですが、上智では大学院も担当しているベテラン教授・准教授が直接指導をし、15人程度の小規模クラスで細やかな指導をしています。本気で福祉を勉強するなら、上智へどうぞ!

髙山 惠理子教授

ソーシャルワークが対象とする課題は、貧困や障害・病にとどまらず、虐待や暴力の被害、刑を終えた後の社会復帰、難民等、何らかの生活しづらさをかかえる人々に広がっています。多様な背景を持つ人々が地域で安心してともに生活できるようソーシャルワーカー(社会福祉士)が取り組むべき支援について考えていきましょう。

鏑木 奈津子准教授

本学科は、政策運営管理と福祉臨床の両方を学ぶことのできる、魅力あふれる学科です。社会には、排除や不条理といった人間の尊厳が守られていない課題が山積しています。では、私たちはどうすれば良いのでしょうか。その答えを本学科での学びから見つけ、皆さんなりの社会福祉のデザインを描いてみませんか。

新藤 こずえ准教授

※50音順