大学院総合人間科学研究科

心理学専攻 - Psychology -

温かなまなざしと確かな実力を備えた「こころの専門家」を養成する

 心理学はまだ若い学問だと言われることがあります。しかし、昔も今も多くの人をとらえて離さない「心を知りたい」という期待に応えるべく、心理学は多種多様な方法論を生み出し、目覚ましい発展と細分化を遂げてきました。

 心理学の発展は、人の心へのアプローチにはたくさんの道のりがあることを教えてくれます。そのいずれもが魅力的であることは、心理学が世界各国で人気ある学問領域でありつづけ、各領域がそれぞれの発展を遂げていることからも明らかでしょう。

 上智大学総合人間科学研究科心理学専攻の特徴は、この心理学の多様性にこたえられるだけの多彩な研究分野が揃っていることにあります。ここには、大別して二つのコース(基礎心理学、臨床心理学)があります。

 基礎心理学コースには、認知心理学・社会心理学・生理心理学・教育心理学・発達心理学などの専門家が在籍しています。調査はもちろんのこと、実験ではNIRS(光トポグラフィー装置)による脳機能の解析もできます。動物実験室も新しくなりました。

 一方、臨床心理学コースには、コミュニティ心理学、精神分析、老年心理学、小児医療、認知行動療法、心理アセスメントの専門家が揃っています。子どもから老年まで、個人からコミュニティまで、エビデンスベーストモデルから無意識の心理学まで、幅広い領域がカバーされています。博士後期課程は、文部科学省「がん医療専門人材」養成プランの補助金を受け、がん医療で働く心理士の養成プログラムにも対応しています。

 そして本学のもう一つの特徴は、多くのすぐれた卒業生を輩出し、先輩たちのネットワークが全国に広がっていることでしょう。たくさんの卒業生が研究者として大学等に奉職し、そして数多くの臨床機関で中心的な役割を担っています。臨床心理士養成認定機関として、すでに多くの卒業生を輩出してきた本学は、心理学で初めての国家資格である公認心理師にも対応しています。

 研究においても臨床においても各界をリードする人材を輩出してきた本学は、これからも心の解明に向けて飽くなき探究を続けます。向学心あふれる皆様の参入を心からお待ちしています。

総合人間科学部

アクセス アクセス