大学院総合人間科学研究科

社会学専攻 - Sociology -

現代社会の重要課題に実証的に挑戦する研究拠点


田渕教授による大学院セミナー

 社会学専攻では、ナショナルおよびトランスナショナルなレベルにおける人間の尊厳を守る公正社会の実現に向けて、社会で生起するさまざまな変化やそれに付随して展開する社会問題の根源的なメカニズムを理解するための理論や調査の方法を身につけた、研究者ならびに専門的職業人を育成するためのカリキュラムを編成しています。

 博士前期課程では、社会学理論および方法論に関する講義を必修とし、家族・ライフコースの社会学、経済社会学、地域社会学、グローバリズムの社会学、ライフスタイル論、宗教社会学、政治社会学、雇用・社会的不平等の社会学など、幅広い領域にわたる講義と論文演習、研究指導を用意しています。留学をしようと考えている学生に対してフレキシブルな対応ができるよう、カリキュラム上の配慮もしています。

 博士後期課程では、博士論文作成にいたるプロセスが、明瞭に整備されています。博士候補資格試験を受けることや、学術誌への発表を積み重ねることを目指して、充実した研究指導と論文演習が行われています。

 大学院生には、研究室も用意されています。研究に集中できる静かな環境として、またあるときには志を同じくする院生仲間たちとの議論の場として、有効に利用されています。研究室はその他専攻の研究室とともに図書館棟にあり、学術資源への便利なアクセスもさることながら、学際的な交流も期待できる環境です。

総合人間科学部

アクセス アクセス