教員紹介プロフィール

総合人間科学部 社会学科 教授

今井 順 (イマイ ジュン)

IMAI JUN

E-mail:juni-mai "at" sophia.ac.jp("at"は@)

URL:https://researchmap.jp/read0145764/

主な授業担当科目・現在の専門分野

担当授業:雇用と労働の社会学、格差と不平等の社会学、社会学方法論(大学院)、比較雇用関係論(大学院)

専門分野:比較雇用関係論、労働社会学、経済社会学

最近の研究分野・テーマ等

①社会の不平等構造について産業的シティズンシップに着目した研究

②非正規雇用の拡大と男性性の変容に関する研究

③アジア地域における国境を越えた労働市場の形成についての研究

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

国際基督教大学教養学部卒業。住友銀行勤務の後、国際基督教大学大学院(行政学修士)、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック校大学院社会学部博士課程修了(Ph.D. 社会学 2006年)。ドイツ、デュースブルグ―エッセン大学東アジア研究所ポストドクトラル研究員、東北大学大学院文学研究科グローバルCOE助教、北海道大学大学院文学研究科准教授を経て、2018年より現職。

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

なぜ日本の労働者は個人の生活よりも企業の都合を優先しなければならないのかという疑問を胸に、日本の雇用関係がリベラルなモデルに収れんするのかしないのか検討するところから研究生活をスタートさせました。以後、雇用関係の変化が不平等の構造に与える影響や、男らしさといった文化とどうかかわっているのか明らかにしようとしてきました。最近は、そもそも労働市場とはどのように形成されるのかという経済社会学的な問いに答えるため、アジアにおける国境を越えた労働移動とそれを仲介する業者の活動に着目しています。

主な著書・論文・調査研究報告等

The Transformation of Japanese Employment Relations: Reform without Labor, Palgrave Macmillan, 2011

Japan's New Inequality: Intersection of Employment Reforms and Welfare Arrangements, Trans Pacific Press, 2011 (ed. with Y. Sato)

「制度と社会的不平等―雇用関係論からの展開」『不平等生成メカニズムの解明: 格差・階層・公正』(佐藤嘉倫・木村敏明編) ミネルヴァ書房 2013

Policy Responses to the Precarity of Non-Regular Employment in Japan' in Policy responses to precarious work in Asia, eds. by M. Hsiao, A. Kalleberg, and Kevin Hewison, Academia Sinica, 2015

'Are Labour Union Movements Capable of Solving the Problems of the ‘Gap Society’?' in Social Inequality in Post-Growth Japan: Transformation during Economic and Demographic Stagnation, eds. by D. Chiavacci and C. Hommerich, Routledge, 2016

所属学会

日本労働社会学会、日本社会学会、北海道社会学会、International Sociological Association

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

学生・院生が持っている(はずの)問題意識が重要だと考えています。自分の頭で考え、自分の言葉で話せる(書ける)ようになるためのお手伝いをしたいと思っています。

学生に一言(教員からのメッセージ)

何事にも真剣に取り組んでください。とにかくしっかり勉強してください。楽しくすごして欲しいですが、易きに流れないでください。

総合人間科学部

アクセス アクセス