教員紹介プロフィール

総合人間科学部 看護学科 助教

稲田 千晴 (イナダ チハル)

INADA CHIHARU

主な授業担当科目・現在の専門分野

主な授業担当:
ウィメンズヘルスケア(学科)
ウィメンズヘルスケア実習(学科)
分娩期助産診断技術学(専攻科)
助産学実習(専攻科)
専門分野:
母性看護学・助産学

最近の研究分野・テーマ等

母乳育児支援・産後の母子の支援

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

千葉大学看護学部看護学科卒

名古屋市立大学大学院看護学研究科博士課程修了(博士:看護学)

周産期センター・開業助産所などでの助産師経験を経て、2015年4月より上智大学総合人間科学部看護学科助手、その後現職

主な著書・論文・調査研究報告等

より効果的な包括支援事業としての産後ケアのあり方に関する研究,H27年度子ども・子育て支援推進調査研究事業,2016

母子相互作用の発達に関する研究,銀河書籍,2016 (単著)

母乳育児支援スタンダート(第2版),医学書院,2015 (分担執筆)

今日の助産(改訂第3版),南江堂,2013 (分担執筆)

産褥期の母乳育児をする母親の母親役割の体験,日本助産学会誌24(1),2010

所属学会

日本助産学会、日本母性衛生学会、日本母乳哺育学会

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

看護の現象から意味を考えることが楽しくなるよう、一緒に学ぶ姿勢を大切にしたいと思います。

学生に一言(教員からのメッセージ)

お母さんと赤ちゃんの素敵な伴走者になれるように、一緒に学びましょう

総合人間科学部

アクセス アクセス