教員紹介プロフィール

総合人間科学部 看護学科 准教授

礒山 あけみ (イソヤマ アケミ)

ISOYAMA AKEMI

E-mail:a-isoyama-og5@sophia.ac.jp

主な授業担当科目・現在の専門分野

助産学

ウイメンズヘルス看護学

最近の研究分野・テーマ等

周産期女性と家族の健康支援に関する研究

助産師の実践能力に関する研究

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

人間科学修士(常磐大学)

看護学博士(国際医療福祉大学)

茨城県立中央病院・茨城県立中央看護専門学校(1991,4月~2010,3月)

茨城キリスト教大学(2010,4月~2016,3月)

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

公益社団法人 日本助産師会 災害対策委員長(2015~

公益社団法人 日本助産師会 子育女性健康支援センター委員(2015~

茨城県笠間市 地域創生有識者会議構成委員(2015~

茨城県笠間市 子ども子育て会議構成委員(2013~

公益社団法人茨城県看護協会 看護研究研修 非常勤講師(2013~

公益社団法人茨城県看護協会 臨床実習指導者講習会 非常勤講師(2014~

主な著書・論文・調査研究報告等

  • 基盤研究C、第2子妊娠中の母親を対象とした第1子理解のための子育てクラスの有効性の検討(課題研究番号23593325)研究代表者(2011~2013)
  • 基盤研究C、母性看護学における看護実践能力を高めるための教育方法の開発(課題研究番号 40285052)研究分担者(2012~2014)
  • 基盤研究C、助産師のための周産期の家族役割獲得を促す能力を向上させる研修プログラム開発(課題研究番号16K12167)研究代表者(2016~
  • 第2子を迎え入れる母親に対する準備教育プログラムの実施と評価、日本助産学会誌、2016
  • 勤務助産師が行う父親役割獲得を促す支援とその関連要因、日本助産学会誌、2015

所属学会

日本助産学会、日本家族看護学会、日本母性衛生学会、日本看護科学学会、日本看護教育学会

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

助産・看護は実践の科学です。我が研究室では,実践における体験から導き出された研究疑問の解明を前提として、助産・看護の質向上を目指すことを最大の目的としています。

学生に一言(教員からのメッセージ)

共に助産実践を科学していきましょう。

総合人間科学部

アクセス アクセス