教員紹介プロフィール

総合人間科学部 社会福祉学科 准教授

鏑木 奈津子 (カブラキ ナツコ)

KABURAKI NATSUKO

主な授業担当科目・現在の専門分野

地域福祉と包括的支援体制論

生活困窮者支援論

生活困窮者支援政策学

ソーシャルワークの基盤と専門職

福祉経営論1

福祉政策運営管理研究法基礎

医療政策特講

リーダーシップ・マネジメント論

演習

社会福祉演習Ⅱ

最近の研究分野・テーマ等

貧困、生活困窮

ソーシャルワーク

地域福祉、包括的支援体制

福祉経営

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

<学歴>
上智大学総合人間科学部社会福祉学科卒業
上智大学総合人間科研究科社会福祉学専攻博士後期課程修了(社会福祉学 博士)
<職歴>
日本学術振興会特別研究員DC2
上智大学総合人間科学部社会福祉学科助教
厚生労働省社会・援護局地域福祉課 生活困窮者自立支援室自立支援企画調整官
厚生労働省社会・援護局地域福祉課 (併)地域共生社会推進室 包括的相談支援体制整備推進官
<受賞>
社会福祉学会 奨励賞(論文部門)

主な著書・論文・調査研究報告等

<単著>
2020年『生活困窮者自立支援制度と地域共生』中央法規
2020年『市民参加型の在宅緩和ケア体制』風間書房
<論文・雑誌>
2019年「生活困窮者自立支援制度と関係制度等との連携について」『消費者法ニュース』119,131-133
2018年「生活困窮者自立支援制度における人材養成研修の現状と課題-自立相談支援事業の従事者養成研修に着目して-」新保美香・志村久仁子『明治学院大学研究所年報』(48),31-38
2015年「生活困窮者自立支援制度における人材養成の意義と可能性-国が目指した養成研修と、都道府県の現状を踏まえて-」『ウォロ』(4・5),17
2014年「在宅緩和ケアにおける市民参加型のチームアプローチ」『上智大学社会福祉研究』(38),13‐34
2012年「市民参加型の在宅緩和ケア体制-組織の方針および体制の長期的な変化過程の分析を通して-」『社会福祉学』53(2),3-16
2011年「緩和ケアボランティアに関する諸外国の研究動向」『上智大学社会福祉研究』(35),35-50

所属学会

社会福祉学会、地域福祉学会

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

言葉は嘘をつくことがありますが、行動は嘘をつけません。授業では、学問に対して誠実に向き合うこと(すなわち、行動)を重視しています。

学生に一言(教員からのメッセージ)

人とのつながりのなかで、多くの学びや発見が生成されるものです。ぜひ、大学生活をつうじて、素敵な出会いとつながりを作ってください。しかし、人とつながることと、群れることとは意味が違います。最上の「思考」は孤独のうちになされるものです。大学生活は、孤独を謳歌できる貴重な時でもあります。よく学び、よく遊んでください。

総合人間科学部

アクセス アクセス