教員紹介プロフィール

総合人間科学部 教育学科 教授

加藤 守通 (カトウ モリミチ)

KATO MORIMICHI

主な授業担当科目・現在の専門分野

教育哲学に関する講義と演習

最近の研究分野・テーマ等

レトリックとヒューマニズムの伝統の教育的意義

環境問題が教育に与える影響についての教育哲学的考察

生き方の探求としての教育哲学の構築

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

昭和52年 エール大学卒業(西洋古典文学)

昭和61年 ミュンヘン大学哲学部博士課程修了

昭和63年10月~平成24年3月 東北大学教育学部にて勤務(講師、助教授、教授)

平成24年4月から 上智大学総合人間科学部教育学科教授(教育哲学)

受賞2004年イタリア文化会館からピーコ・デッラ・ミランドラ賞

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

東北大学時代には、外国教育史を担当し、教育思想史の研究と教育を行った。
現在は、教育哲学を担当している。

主な著書・論文・調査研究報告等

『教養の復権』(共著、1906)

『文化史としての教育思想史』(共編著、2000)

『現代教育学の地平』(共著、2001)

『教育思想史』(共著、2009)

所属学会

教育哲学会、日本教育学会、教育思想史学会、新プラトン主義協会等

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

自由な会話を重視。
哲学と歴史を組み合わせた研究と教育を実践。

「楽しくなければ哲学ではない。」

学生に一言(教員からのメッセージ)

研究意欲と遊び心のある人の参加を求めます。

総合人間科学部

アクセス アクセス