教員紹介プロフィール

総合人間科学部 看護学科 教授

小長谷 百絵 (コナガヤ モモエ)

KONAGAYA MOMOE

E-mail:konagaya@sophia.ac.jp

主な授業担当科目・現在の専門分野

専門分野:老年看護学、難病看護、看護人間工学

主な授業担当:老年ヘルスケア、生涯発達看護学など

最近の研究分野・テーマ等

難病患者の介護環境の改善、難病看護師の教育

高齢者虐待の予防と対応に関する研究

ヒトの動作研究

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

千葉大学看護学部卒業

東京医科歯科大学医学系研究科博士前期課程修了

東京医科歯科大学医学系研究科博士後期課程修了

静岡県立子ども病院看護師、昭和大学附属病院看護師

東京女子医科大学看護学部准教授、昭和大学保健医療学部看護学科教授を経て現職

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

【社会的活動】
東京都医師会「難病相談事業」相談員、難病の人と家族を支援するNPO法人「さくら会」理事

【教育・研究活動】
日本難病看護学会教育委員、日本老年看護学会研究推進委員、日本高齢者虐待防止学会理事など。

査読委員(日本難病看護学会、日本老年看護学会、日本在宅ケア学会など)

主な著書・論文・調査研究報告等

【著書】

  • 実践から学ぶ高齢者虐待の予防と対応,2010,看護協会出版
  • 在宅人工呼吸器ポケットマニュアル 暮らしと支援の実際、2009、医歯薬出版
  • 看護・介護のための人間工学入門、2006、東京電機大学出版
  • 看護動作のエビデンス、2003、東京電機大学出版 ほか

【論文】

  • 小長谷百絵,林みつる,いとうたけひこ:高齢者にとっての点眼容器の使いやすさに関する研究,p441-448,51(6),2015,人間工学.
  • 小長谷百絵,下園美保子,岸恵美子:地域包括支援センターの専門職による高齢者のセルフ・ネグレクトへの支援の必要性の認識 高齢者の特性による支援の必要性の認識の違い,p117~132,11(1),2015,高齢者虐待防止研究.
  • 原三紀子,小長谷百絵,竹内千鶴子,牛久保美津子:神経難病看護として「聴く」ことの構造,175~187,19(2),2014,日本難病看護学会誌
  • 小長谷百絵,岸恵美子,野村祥平:高齢者のセルフ・ネグレクトを構成する因子の抽出―専門職のセルフ・ネグレクトへの支援の認識から―,p54~63,9,2013,日本高齢者虐待防止学会誌.
  • 原三紀子,小長谷百絵,海老澤睦:看護師がとらえた神経難病患者の心のケア―心のケアの目標とその取り組み―.137~149,17(2),2012,日本難病看護学会誌. ほか

所属学会

日本看護科学学会、日本老年看護学会、日本在宅ケア学会、日本難病看護学会、日本高齢者虐待防止学会、日本慢性看護学会など

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

  • 高齢者の健康について文献講読を行い討議中心で進みます。
  • 研究においては自分なりの真理や道理が見つかることをめざします。

総合人間科学部

アクセス アクセス