教員紹介プロフィール

総合人間科学部 看護学科 助教

小坂 志保 (コサカ シホ)

KOSAKA SHIHO

E-mail:shiho-kosaka@sophia.ac.jp

主な授業担当科目・現在の専門分野

授業担当科目:
ケア技術Ⅰ,Ⅱ、スキルズラボ演習Ⅰ,Ⅱ,Ⅲ、基礎看護学実習Ⅰ,Ⅱ
現在の専門分野:
臓器移植看護、腎臓病看護、糖尿病看護

最近の研究分野・テーマ等

腎移植レシピエントのSelfmanagementに関する研究

慢性腎臓病(CKD)患者の腎代替療法選択の支援に関する研究

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

2003年4月~2009年3月 国家公務員共済組合連合会 虎ノ門病院 勤務 (腎センター外科・内科、内分泌代謝科)

2009年4月~2011年3月 東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻 成人看護学分野 修士課程

2011年4月~2012年3月 東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻 成人看護学分野 特任助教

2012年4月~現在     上智大学総合人間科学部看護学科基礎看護学領域 助手

2013年4月~現在     東京大学医学部 非常勤講師

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

看護師免許を取得後、虎の門病院にて6年間看護師として臨床経験をつみ、そこで出会った「腎移植」について、もっと学びを深めたいと考え、東京大学大学院医学系研究科へ進学しました。

大学院では、移植された臓器を長く機能させるために日常生活でどのようなことをレシピエント(臓器を移植された方)が気をつければよいのかということを中心に、

レシピエントの方々のSelfmanagementの実態について研究を進めました。

修士課程修了後、同大学にて1年間特任助教として勤務し、学部学生の教育に従事しました。

2012年4月より、上智大学総合人間科学部看護学科基礎看護学領域の助手として着任し、現在は2年生の学生を中心に講義・演習・実習に従事しています。

現在は、腎移植レシピエントのSelfmanagementの研究に加え、より広く腎疾患を捉え、慢性腎臓病(Chronic kidney disease:CKD)の悪化予防や、

末期腎不全の療法選択についても興味をもち研究を進めています。糖尿病療養指導士の資格も取得しており、糖尿病を抱えるレシピエントの方にも関わっています。

社会的活動:「CKD・腎移植に関する勉強会」代表 (偶数月開催 腎臓病に興味のあるコメディカルはどなたでも参加可能)
「腎臓病に関する論文抄読会」代表 (奇数月開催 腎臓病に関する論文を楽しく読み進めていきます)

主な著書・論文・調査研究報告等

  1. 小坂志保,他.「プライマリケアクリニック通院中の高血圧患者の家庭血圧測定の現況」.血圧.2014;21(12):1036-1044.
  2. Shiho Kosaka, et al. Development of self-management scale for kidney transplant recipients, including management of post-transplantation chronic kidney disease. ISRN Transplantation.2013, 619754. doi:10.5402/2013/619754.
  3. 腎移植レシピエントの5大がん検診定期受診状況の実態 小坂志保 他,移植. Vol 47. No.6.2013
  4. 腎移植レシピエントへのパンフレットにみる情報提供の施設間差.小坂志保 他.腎と透析 別冊 腎不全外科2012 Vol 72
  5. 腎移植後レシピエントの自己管理行動の実態と経過期間との関連.小坂志保 他,移植. Vol 47. No.1.60-66.2012

所属学会

日本移植学会、日本透析医学会、日本臨床腎移植学会、日本看護科学学会、日本糖尿病・教育看護学会、日本臓器移植・再生医療看護学会、日本腎不全看護学会、日本腎臓学会

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

「人を知って、己を知る」を大切に、人を理解すること、そして自分を受け入れることの大切さを学びの中に見出せるように、そしてそれを看護に生かせるように、演習や実習で学生の皆さんに接しています。

そして、学生の皆さんからのレスポンスを大切に、私自身も日々学ばせていただきつつ、看護の楽しさ・奥深さを伝えています。

学生に一言(教員からのメッセージ)

人が「必要」としていることを、的確にアセスメントし、人の「力」を生かしつつ「健康」をサポートする。

それが看護の醍醐味だと思っています。人を「看て護る」学問を一緒に学びましょう。

総合人間科学部

アクセス アクセス