教員紹介プロフィール

総合人間科学部 社会福祉学科 教授

丸山 桂 (マルヤマ カツラ)

MARUYAMA KATSURA

E-mail:k-maruyama(at)sophia.ac.jp ※送信の際には(at)を@に変換してください。

主な授業担当科目・現在の専門分野

雇用政策論

福祉経営論Ⅱ

福祉計画論

社会福祉実践・理論総合演習

最近の研究分野・テーマ等

就業形態の多様化と社会保障

貧困の世代間連鎖の研究

社会政策とジェンダー

年長フリーター・無業者の生活問題

金融リテラシ―、金融ジェロントロジーの実証分析

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

お茶の水女子大学大学院人間文化研究科人間発達学専攻単位取得退学

博士(社会科学)

社会保障研究所研究員、国立社会保障・人口問題研究所研究員

恵泉女学園大学専任講師、成蹊大学経済学部教授を経て、2020年4月より現職

生活経済学会奨励賞受賞、婦人労働研究会賞受賞

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

参議院厚生労働委員会調査室客員調査員(2008年5月~2010年3月)

内閣府高齢者の自立した生活に対する支援に関する監視・影響調査検討会委員(2007年11月~2008年3月)

武蔵野市高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画委員(副部会長)(2005年4月~2006年3月)

武蔵野市福祉総合計画アドバイザリー会議委員(2006年6月~2009年9月)

生活経済学会編集委員(2016年9月~)

総務省地方行財政ビジョン研究会委員(2020年4月~)

社会福祉士国家試験・精神保健福祉士国家試験試験委員(2017年4月~)

慶應義塾大学経済学部訪問教授(2020年2月~)

主な著書・論文・調査研究報告等

単著『就業形態の多様化と社会保険の適用状況に関する国際比較』全労済協会

共著『最低生活保障の実証分析』有斐閣

共著『社会政策―福祉と労働の経済学』有斐閣

共著『貧困+α』ミネルヴァ書房

単著「年長フリーター・無業者の生活と年金納付状況」『年金研究』11号

所属学会

生活経済学会、日本財政学会

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

社会経済の状況や政策・制度を正確に把握し、理論と実証分析に基づいた研究、政策提言をする研究スタイルを大切にしています。研究指導でも根拠に基づいた分析に比重をおいています。

また、研究指導、演習では「伝える力」の向上を意識し、専門領域の勉学だけでなく、論拠に基づいたプレゼンテーションと文章力の向上にも力をいれています。

学生に一言(教員からのメッセージ)

学生時代に培ったことは一生の財産になります。有意義な経験を積み重ねてください。

総合人間科学部

アクセス アクセス