教員紹介プロフィール

総合人間科学部 看護学科 教授

西山 悦子 (ニシヤマ エツコ)

NISHIYAMA ETSUKO

主な授業担当科目・現在の専門分野

  • 地域看護学概論:健康を支援する場は,多岐にわたります.地域で生活をしている様々な人々の生命の質(QOL)の向上をめざした看護活動の基盤となる知識や技術を学びます.
  • 養護概論:看護学科では,「養護教諭1種免許状」を取得することができます.そのために必要な科目です.学校運営のなかでの養護教諭の意義や役割を学びます.

最近の研究分野・テーマ等

認知症患者のスピリチュアリティ:認知症の高齢者のケアを通して,コミュニケーションはうまくとれないにも関わらず,患者さん自身からの気遣いや優しさを受け取ることが多々ある.認知症の高齢者のケアは単なる疾患のケアのみならず,生き方を支えるケアが必要となる.そのためには,健康を単に身体的,心理的,社会的言語で定義するのではなく,患者の霊性を含んで評価する必要があるであろう.そのスピリチュアリティも見つめながら,ケアのあり方を考えている.

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

聖路加看護大学卒業後,聖路加国際病院,新潟市民病院にてがん患者の終末期ケアに従事する.死ぬ1秒前まで苦しむ患者さんのケアに追われ「燃え尽きる」.その後聖路加国際病院理事長日野原重明先生のもとで,診療補助や健康教育の実践をとおして,ケアの基本を学ぶ.また日野原先生が長年啓蒙活動を行ってきた生活習慣と循環器疾患との関連の研究に従事.そのコフォート研究により,新潟大学にて博士号を取得する.

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

  • 訪問看護研究会:高齢者らのQOLを高める訪問看護の可能性をさぐることを目的に毎月第3土曜日に上智大学にて,開催をしている.今年度は認知症のケアについてのケース検討会(患者,家族の語りや看護師の思い,気づきに基づく検討)を行っている.
  • 日本POS医療学会:理事としてProblem Oriented Systemの普及に努めている.
  • NPO医療教育情報センター:当センターは,医学・医療に関する正しい知識を一般市民に情報として提供し,医療者と国民が同じサイドに立って,一緒に医療を見つめて行くことを目的としている.主な活動内容は2週間に一度ホームページに「医療ニュース」と「新しい診療理念」の掲載,市民公開シンポジウム,健康相談セミナーを行っている.

主な著書・論文・調査研究報告等

  • 丸山久美子編著:今日の生涯発達心理学ー自分の人生を設計するー,長寿を全うするための健康行動,アートアンドブレイン,2010
  • 真舩拓子他編:看護職のための社会福祉・社会保障,産業保健における看護活動例と社会福祉ヌーベルヒロカワ,2008
  • 日野原重明監修,西山悦子:新・介護を支える知識と技術,中央法規,2009

所属学会

日本POS医療学会,日本健康医学会,日本看護科学学会,日本行動計量学会,カトリック教育学会

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

  • ケアの現場で起こっている事象を,丁寧に捉え,その意味を深く分析できるためのトレーニングを行います.
  • 「理論」よりも,いまそこに居られる患者さんが「事実」であり,大切!

学生に一言(教員からのメッセージ)

学ぶ事によって,学問の奥深さを知り,「謙虚」になることができます.
「人間の尊厳を基盤とするケア」の開発を共にいたしましょう!

総合人間科学部

アクセス アクセス