教員紹介プロフィール

総合人間科学部 社会福祉学科 教授

岡 知史 (オカ トモフミ)

OKA TOMOFUMI

E-mail:t-oka@sophia.ac.jp

URL:http://pweb.sophia.ac.jp/oka/

主な授業担当科目・現在の専門分野

当事者福祉論

コミュニティソーシャルワーク論

ソーシャルワーク論III

社会福祉実習I、社会福祉実習II、社会福祉実習指導I、社会福祉実習指導II

最近の研究分野・テーマ等

アルコール依存症者の自助グループ(自主的に問題解決のために集まった当事者のグループ)

自死遺族の自助グループ

自助グループとアクションリサーチ

当事者福祉論(当事者とともにいかに社会福祉を発展していくかを考える)

社会を当事者の市民運動とともに変えていくソーシャルワークとはどういうものか

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

大阪市立大学大学院・学術修士(社会福祉学専攻)

カーディフ大学(英国・公立大学)・PhD(博士)(2003年)

ジョージメーソン大学(米国・公立大学)連携教授(2004-2005年)

日米教育委員会フルブライト研究員(2004-2005年)

日本社会福祉学会・第1回学術賞(2004年)

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

Qualitative Social Work (米国Sage社)Editorial Board

International Journal of Self-Help and Self Care (米国Baywood社)Editorial Board

The Quality Report (米国Nova Southeastern University)Editorial Board

Joint World Conference on Social Work and Social Development
国際プログラム委員会委員(香港、2010年)

International Conference on Social Work in Health and Mental Health
国際諮問団構成員 (シンガポール、2016年)

The Sage Handbook of Social Work Research, Advisory Board (米国Sage社、2010年)

主な著書・論文・調査研究報告等

『セルフヘルプグループ:わかちあい、ひとりだち、ときはなち』星和書店、1999年

岡知史・トマシーナ=ボークマン(2011)「セルフヘルプグループとセルフヘルプ・サポーター、そしてソーシャルワーク」『ソーシャルワーク研究』37(3), 168-183、2011年

Oka, T. (2011). 'Grief is love': Understanding grief through self-help groups organised by the family survivors of suicide. Conference Paper, Prague, Czech Repbulic.

所属学会

日本社会福祉学会、日本地域福祉学会、日本ソーシャルワーク学会

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

社会福祉の問題は、現在の福祉の仕組みや援助方法では解決できないものがまだまだあります。ですから既存の知識を吸収するだけでは不十分です。学生たちには、新しい発想と感性で、実習等を通じて社会福祉の現実に向き合い、周囲の人たちと議論しつつ自分の頭で考えることができる人になっていただきたい。そのために、私の授業では学生どうしで議論する場をできるだけ多く準備し、現場をふまえた上での理論的な学習ができるよう支援していきたいと思っています。演習のモットーは「語りながら、考えよ」です。

学生に一言(教員からのメッセージ)

この学科では、現場に密着した援助方法から国や自治体の福祉政策まで広く学ぶことができ、実習教育も充実しています。近接領域(社会学、心理学等)も充実し、学際的な勉強ができますよ。

総合人間科学部

アクセス アクセス