教員紹介プロフィール

総合人間科学部 看護学科 准教授

岡本 菜穂子 (オカモト ナホコ)

OKAMOTO NAHOKO

E-mail:n-okamoto@sophia.ac.jp

主な授業担当科目・現在の専門分野

地域保健活動論、地域生活支援/在宅看護、地域ヘルス活動、国際保健看護学など

最近の研究分野・テーマ等

The displaced persons and humanitarian support, 在宅高齢者ケアの質保証に関する研究

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

公衆衛生学修士(国立保健医療科学院)

公衆衛生博士(国立保健医療科学院)

地方自治体保健師、国際開発コンサルタント、国際協力機構(JICA)専門家を経て、日本赤十字看護大学専任講師、獨協医科大学看護学部准教授

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

高齢者ケアの質保証を推進する国際比較研究や、生活困窮高齢者の社会的つながりを高めるサポートモデルの開発研究を進めている。東日本大震災後の自主避難者支援ボランティアや路上生活から地域生活移行後の高齢者居場所づくりに参加しています。

主な著書・論文・調査研究報告等

系統看護学講座 統合分野 災害看護学・国際看護学(第3版)医学書院 2015

Quality of Life and Life Satisfaction of Displaced Persons Living in Tokyo, Japan - The Fukushima Nuclear Power Plant Accident. J Gen Practice 4:222. doi:10.4172/2329-9126.1000222

Lesson and learned from the older people in case of Great East Japan Earthquake and Tsunami of 2011,Procedia Engineering,1016(10) ,2016.

Displacement and Older People—The Case of the Great East Japan Earthquake and Tsunami of 2011-,Journal of Humanitarian studies Vol.3,2015.

学術研究助成基金助成金基盤研究(C)平成27−30年度「高齢生活困窮者の社会的つながりを高めるサポートモデルの開発」

学術研究助成基金助成金挑戦的萌芽研究 平成 23-25 年度「生活困窮者の参加型コミュニティ開発に関する実証・実 践 研究」

所属学会

日本国際保健医療学会、日本公衆衛生学会、日本国際開発学会、日本民族学会、日本看護科学学会

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

看護学を多様な学問と融合させて捉えていくと様々な角度から考える面白さがあります。様々な言語、文化、人種による違いを尊重する機会に身を置くような促しや投げかけを学生にはしています。共に学ぶ姿勢から得られる発見は大きいものです。

学生に一言(教員からのメッセージ)

「一見は一聞に如かず」 看護学を核とした学問の拡がりを期待しております。

総合人間科学部

アクセス アクセス