教員紹介プロフィール

総合人間科学部 看護学科 教授

島田 真理恵 (シマダ マリエ)

SHIMADA MARIE

主な授業担当科目・現在の専門分野

専門分野:母性看護学・助産学

主な授業担当科目(学部):生涯発達看護学、ウイメンズヘルスケア

主な授業担当科目(看護学専攻):小児・家族共生看護学特論・研究ゼミ

最近の研究分野・テーマ等

周産期にある女性の健康生活への支援・子育て支援

若い女性へのキャリア教育には、仕事のことだけではなく、健康的に生活するスキル、女性としての生き方を考えていく支援も含まれていると考えているので、新たにそれに取り組むことも検討中

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

最終学歴:
聖路加看護大学博士前期課程修了(現在の学位は博士:医学)
職歴:
愛育病院、聖母病院などで助産師経験(約10年)
都立保健科学大学(現首都大学東京)、東京慈恵会医科大学、聖母大学を経て現職

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

社会的活動:
日本助産師会総務担当理事、全国助産師教育協議会理事、日本助産学会代議員他、助産師職能に関連する活動をできるだけ行っている。外部講師としては、助産学教育、個別指導・集団指導の在り方、女性の健康生活などをテーマとした研修会講師の機会を多くいただいている。

主な著書・論文・調査研究報告等

「初産婦における妊娠時自己マッサージに関する無作為化比較試験」

日本看護科学学会誌,25(4),22-29,2006

「産褥期育児生活肯定感尺度改訂に関する研究」,日本助産学会誌,16(2),36-45,2003

「乳幼児を育児中の女性の月経随伴症状と子どもへの対応に関する検討」,日本助産学会誌,23(1),37-47,2009

所属学会

日本看護科学学会、日本助産学会、母性衛生学会

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

学習者の主体的な学習を支援することができるように、研究指導やゼミを行っている。

専門職は生涯学習を重ねていく必要があるまた、適切な倫理観を養う必要がある。研究は、実践に役立つにはという視点を忘れないということをモットーに研究・教育活動を行っている。

学生に一言(教員からのメッセージ)

女性の健康に興味のある方、是非一緒に学びましょう。

総合人間科学部

アクセス アクセス