教員紹介プロフィール

総合人間科学部 教育学科 教授

上野 正道 (ウエノ マサミチ)

UENO MASAMICHI

E-mail:maueno@sophia.ac.jp

主な授業担当科目・現在の専門分野

学校教育学

教育哲学・思想史

最近の研究分野・テーマ等

教育の公共性と民主主義の研究

欧米と東アジアの学校改革の比較

アート・学び・シティズンシップの教育研究

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

上智大学文学部卒業(1998年)

東京大学大学院教育学研究科修士課程修了(2000年)

東京大学大学院教育学研究科博士課程修了(2005年) 博士(教育学)

大東文化大学文学部講師、准教授、教授(2006年~2018年)

上智大学総合人間科学部教授(2018年~)

ブリティッシュ・コロンビア大学客員准教授(2013年)、山東師範大学客員教授兼学術顧問(2015年~)、済南大学客員教授(2015年~)、西北大学客員教授(2017年~)

東京大学、東京芸術大学、早稲田大学、慶應義塾大学等で非常勤講師、一般社団法人東アジア教育研究所理事兼所長

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

グローバル化や多文化共生社会化が進む中で、教育の公共性と民主主義をどのように展望し、実現していくのかについて研究しています。近年では、欧米と東アジアの学びの思想と学校改革の比較研究も進めています。

社会貢献:多くの学校の研究授業の講師や、教科書の委員、コミュニティ・スクールのアドバイザーをしています。また、生活保護世帯の子どもの支援活動のサポートや、東アジアの教育交流や教員研修も行っています。

主な著書・論文・調査研究報告等

『学校の公共性と民主主義―デューイの美的経験論へ』東京大学出版会、2010年

『学校という対話空間―その過去・現在・未来』(共著)北大路書房、2011年

『民主主義への教育―学びのシニシズムを超えて』東京大学出版会、2013年

『東アジアの未来をひらく学校改革―展望と挑戦』(共著)北大路書房、2014年

Democratic Education and the Public Sphere: Towards John Dewey's Theory of Aesthetic Experience, Milton Park, Abingdon, Oxon; New York: Routledge, Taylor & Francis Group, 2016, 2017

所属学会

日本教育学会、教育哲学会、日本カリキュラム学会、日本デューイ学会、International Network of Philosophers of Education, Philosophy of Education Societyなど

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

教育の思想と実践と政策をつなぎ、過去と現在と未来を結びながら、多面的・多角的な視点から教育について考えることを心がけています。

学生に一言(教員からのメッセージ)

さまざまな人との対話や、多くの経験をとおして、より深く学ぶことに積極的にチャレンジしてください。

総合人間科学部

アクセス アクセス