教員紹介プロフィール

総合人間科学部 看護学科 准教授

山口 淑恵 (ヤマグチ ヨシエ)

YAMAGUCHI YOSHIE

主な授業担当科目・現在の専門分野

地域保健活動論

地域生活支援/在宅看護

地域看護学実習 II

在宅看護学実習

最近の研究分野・テーマ等

職業性ストレスに関する研究

労働環境と健康管理に関する研究

産業看護学の体系化に関する研究

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

2000年3月
早稲田大学(文学学士)
2004年3月
久留米大学(医科学修士)
2010年3月
久留米大学(医学博士)

企業で産業保健師、病院での保健師、自治体での保健師勤務を経、福岡女学院看護大学助教、純真学園大学准教授、現職に至る

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

日本産業看護学会 産業看護学体系化検討委員 2012年~

日本産業衛生学会 代議員 2010~2012年

日本産業看護学会 学術集会 特別集会運営委員 2013年~

放送大学看護師国家試験問題Web上解説 2011年

日本循環器看護学会学術集会  実行委員 2009年

主な著書・論文・調査研究報告等

科研費 基盤研究C 「地域包括支援センター職員の職業生活の質を向上させるための基礎研究」2011年~2014年

Column World Report 今月の海外文献 "Occupational health nurse and worker's compensation insurance programs" (翻訳)、産業看護 4巻、2012年

筆頭・共著、地域包括支援センター三職種の職業性ストレスとバーンアウトとの関連、純真学園大学雑誌、2015年

筆頭・共著、保健行動の意識化を意図した体験的学習方法の授業評価 ―プリシード・プロシードモデルを用いた検討―、福岡女学院看護大学紀要創刊号、2011年

単著、地域包括支援センターにおける業務の現状および個人特性・労働環境と職業性ストレスとの関連、産業衛生学雑誌 52巻、2010年

筆頭・共著、中高年女性に対する健康づくり事業における体脂肪率別にみた検査値・生活習慣の変化、日本職業災害医誌 54巻、2006年

所属学会

日本産業衛生学会会員、日本看護科学学会会員、日本産業衛生学会産業看護部会会員、日本公衆衛生看護学会会員、日本公衆衛生学会会員

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

研究成果として社会に還元できることを目標にしています。

実習に出て役立つ教材を心がけて、講義資料作成、演習を実施しています。

学生に一言(教員からのメッセージ)

地域を視るには、看護学はもちろん医療・福祉、心理学、社会学、人類学、民俗学など幅広い視点が必要です。日常の様々な経験を学問にいかしていきましょう。

総合人間科学部

アクセス アクセス