教員紹介プロフィール

総合人間科学部 心理学科 教授

横山 恭子 (ヨコヤマ キョウコ)

YOKOYAMA KYOKO

主な授業担当科目・現在の専門分野

学部:
「心理臨床学」ⅠⅡ、「深層心理学」ⅠⅡ、「心理学研究法」ⅡB、がんチーム医療心理学演習Ⅰ、がん医療心理学演習Ⅰ・Ⅱ等
大学院:
「臨床心理学特殊研究」Ⅰ、「臨床心理面接特論」Ⅱ、「臨床心理実習」ⅠⅡ

臨床心理学、小児医療心理学

最近の研究分野・テーマ等

小児がんや遺伝子疾患、免疫疾患などの子どもとその家族の心理的支援や、慢性疾患を抱えた子どもや家族の心理的支援について研究しています。

今後は、そのような支援のできる臨床心理士の養成プログラムの開発も行っていきたいと考えています。

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

1983年
上智大学文学部心理学科卒業
1985年
上智大学大学院文学研究科教育学専攻博士前期課程修了
1990年
上智大学大学院文学研究科教育学専攻博士後期課程満期退学
1992年
東洋英和女学院大学人文学部人間科学科専任講師
1998年
上智大学文学部心理学科助教授、2005年上智大学総合人間科学部心理学科教授

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

1995年-2007年
神奈川県臨床心理士会 幹事(2001年-2007年 副会長)
1996年-
横浜市スクールスーパーバイザー
1997年-1999年
東京都社会教育委員(第23期)
2000年-
横浜市ハートフルフレンド訪問指導員/フレンドアドバイザー
2001年-
家庭裁判所調査官研修 講師
2001年-2007年
神奈川被害者支援センターボランティア相談員、講師
2004年
日本小児科医会 子どもの心研修会 講師
2005年
秋田県医師会生涯教育講座 講師 他

主な著書・論文・調査研究報告等

上里一郎(監) 織田尚生(編) 2005 『ボーダーラインの人々』 ゆまに書房

馬場謙一(編) 2004 「スタートライン臨床心理学」 弘文堂

霜山徳爾(監) 鍋田恭孝(編) 1993 「心理療法を学ぶ」 有斐閣

「白血病の子どもと家族への支援」 小児看護 29(12); 1616-1620 2006

「相互法的表現媒体を用いた場面緘黙児の面接過程:見られることと見ること」 7(1); 81-92 1989

所属学会

日本心理臨床学会、包括システムによる日本ロールシャッハ学会(理事)、日本青年期精神療法学会(理事)、日本箱庭療法学会、日本芸術療法学会、日本ユング心理学会、日本心理学会、日本教育心理学会、日本発達心理学会、総合病院精神医学会、日本小児科学会、Society for Personality Assessment, The World Association for Infant Mental Health

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

その人の興味をできるだけ尊重したいと思っていますが、一方で、学問には一定の枠組みがあります。その人らしさを生かしながら、ある一定の、認められる形にまとめるという作業は難しいものがあります。しかし、一緒にその難題に取り組んでいきたいと思っています。

ゼミには、自分の中の好奇心を大切にしながら、意欲的に学ぶ人が沢山いますし、そういう人を私も大切にしたいと思っています。

学生に一言(教員からのメッセージ)

使える時間は有限です。優先順位とメリハリを付けて、充実した時間を過ごしましょう。

総合人間科学部

アクセス アクセス