各学科のご案内

助産学専攻科

教員紹介

島田真理恵(教授)

 少子超高齢社会、一億総活躍社会だからこそ、次世代を育む女性と家族への支援、女性の健康支援はこれからますます重要なってきます。本専攻科の教員は、この状況に呼応して、周産期ケアや子育て支援の研究と社会的活動に力を入れています。家族を支援する専門職として学び続け、活躍していくことを目指す方が、学びに来てくださることを期待します。

礒山あけみ(准教授)

 助産師に求められる能力は,女性と家族に寄り添い,健康で幸福な生活を営むことができるよう彼らの持っている力を最大限に引き出すことです。そんな助産師を目指すみなさん,上智大学でともに助産学を学び,ともに成長していきましょう。

稲田千晴(助教)

 赤ちゃんからおばあちゃんまで、ずっと女性と家族が健康にすごせますように。そのために安心して出産をしていただくこと、母乳育児をたくさんのひとが安心して続けられることを毎日考えています。女性の人生の一部に一緒に寄り添えることを幸せに、学び続けていきたい皆さんとご一緒できることを楽しみにしています。

光武智美(助手)

 本学専攻科の教育を希望し、助産師を目指したい皆さんの思いに寄り添って、学習や実習の支援をしていきたいと思っています。皆さんの目標が達成できる一年間になるよう、一緒に取り組んで行きたいと思っています。

相良有紀(助手)

 女性の一生の中でも最大のライフイベントである妊娠・出産・育児の場に、助産師という一番身近な存在として立ち会うことの大切さをみなさんと共有し、ともに学んでいきたいと思っております。講義で学んだことを演習や実習を通してより深めていきたいと思います。

助産学専攻科トップへ

総合人間科学部

アクセス アクセス