教員紹介プロフィール

総合人間科学部 心理学科 教授

荻野 美佐子 (オギノ ミサコ)

OGINO MISAKO

E-mail:m-ogino@sophia.ac.jp

主な授業担当科目・現在の専門分野

発達心理学、教育心理学、心理学研究法、言語と人間、生涯発達論

発達心理学(親子関係、言語・コミュニケーションの発達)、障害児の発達支援

最近の研究分野・テーマ等

  • コミュニケーション能力の発達
  • 乳幼児期の音楽発達
  • 言語・認知発達の障害と言語環境

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

東京女子大学文理学部心理学科卒業

東京大学大学院教育学研究科教育心理学専門課程修士課程・博士課程

東京大学教育学部助手

上智大学文学部心理学科専任講師、助教授を経て教授

組織改編により、現在 上智大学総合人間科学部心理学科教授

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

上智大学 心理学科教員、教職課程担当教員、上智大学カウンセリング講座専門委員(委員長)

東京音楽大学大学院 兼任講師、 立教大学 兼任講師、 放送大学 主任講師

東京カリタスの家 理事、 子ども相談室 アドバイザー

文部科学省 学校法人分科会 委員

ヤマハ音楽研究所との共同研究

武蔵野市教育委員会委託 特別支援学級(小学校・中学校、3学級の発達検査と研修)

小金井市教育委員会委託 特別支援学級(通級3学級の知能検査と研修)

JIYD(日本青少年育成事業団)委託研究 ライフスキルプログラム評価 など

主な著書・論文・調査研究報告等

看護診断のためのよくわかる中範囲理論(2009年 学研 分担執筆)

保育現場のコミュニケーション-発達心理学的アプローチ-(2008年 あいり出版 分担執筆)

言語発達とその発達支援(2002年 ミネルヴァ書房 分担執筆)

心理学でなにがわかるか、なにができるか(2002年 八千代出版 分担執筆)

ことばの発達入門(2001年 大修館書店 分担執筆)

所属学会

日本発達心理学会、日本教育心理学会、日本心理学会、日本コミュニケーション障害学会 その他

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

人間という存在への深い理解を目指す。自らの「なぜ?」「どうして?」という疑問に根気強く取り組み、その中で得たものを人と共有していく。

個々の人と丁寧にかかわり、それらの人が生きている文脈の中で理解していくこと、そのためには、実際に人とかかわる(障害児のボランティア活動、保育園児の観察、親子の観察、など)ことを通して地道に考えていくことをしていきたい。

学生に一言(教員からのメッセージ)

人は時間の中で変化していくこと、物事には必ず両面があること、を常に意識していてほしい。

総合人間科学部

アクセス アクセス