教員紹介プロフィール

総合人間科学部 社会学科 教授/准教授

田渕 六郎 (タブチ ロクロウ)

TABUCHI ROKURO

E-mail:r-tabuch@sophia.ac.jp

URL:http://pweb.cc.sophia.ac.jp/rtab/

主な授業担当科目・現在の専門分野

家族社会学Ⅰ・Ⅱ、エイジングと世代の社会学、地域フィールドワーク、演習

家族社会学、福祉社会学、地域社会学、社会調査方法論

最近の研究分野・テーマ等

現代日本の世代間関係に関する研究

現代日本の少子化と人口減少に関する研究

東アジア諸社会における家族構造の比較研究

離島、山村におけるコミュニティと家族に関する研究

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学

東京都立大学人文学部助手

名古屋大学環境学研究科専任講師、助教授

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

上智大学「教育イノベーション・プログラム」の助成を得て信岡良亮氏と「エコロジカルコミュニ ケーション入門」を開講(2015)

上智大学「教育イノベーション・プログラム」の助成を得て「地域実践フィールドワーク」を開講、島根県隠岐郡海士町、岡山県新庄村でフィールドワーク演習を実施(2011~2013)

演習Ⅰ・Ⅱ(学部)にて海士町、新庄村、山口県見島、福島県昭和村ほかでフィールドワーク演習を実施(2010~2015)

東京都下の高校生と上智大学生との交流授業を実施(2013~2014)

上智大学ローバースカウト隊(ボーイスカウト千代田11団)顧問・隊長

主な著書・論文・調査研究報告等

『現代中国家族の多面性』(共編著)、弘文堂、2013

Changing families in Northeast Asia : Comparative analysis of China, Korea, and Japan (edited by Kunio Ishihara and Rokuro Tabuchi), Sophia University Press , 2012

「世代間関係の変容と親密圏」『法律時報』86巻3号、2014

「少子高齢化の中の家族と世代間関係」『家族社会学研究』第24巻1号、2012

所属学会

日本社会学会、日本家族社会学会、福祉社会学会、関東社会学会他

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

社会的なリアリティのある研究を目指しています。大学院ゼミでは、量的・質的方法を問わず、問いの設定と調査のデザインについて考えることを重視しています。学部ゼミでは、フィールドでの共同調査の中で、調査地での様々な出会いから、自分の人生をいかに生きるかについて学びを得ることを目指しています。

学生に一言(教員からのメッセージ)

「人ごと」のように社会学を学ぶことはできません。自分がどのように生きるのか、どのようにして社会と関わり合っていくのかを、共に、真摯に考えてみたい方をお待ちしています。

総合人間科学部

アクセス アクセス