教員紹介プロフィール

総合人間科学部 教育学科 教授

湯川 嘉津美 (ユカワ カツミ)

YUKAWA KATSUMI

主な授業担当科目・現在の専門分野

日本教育史・幼児教育学

最近の研究分野・テーマ等

日本幼児教育史研究、明治期教育政策史研究

経歴に関する項目(学歴・職歴・受賞歴等)

広島大学大学院教育学研究科博士課程後期単位取得退学(1987年)

博士(教育学)広島大学(1996年)

日本学術振興会特別研究員(PD)、香川大学教育学部助教授を経て、1993年に上智大学文学部

助教授就任、2000年同教授(2005年より総合人間科学部教授)

日本保育学会保育学文献賞受賞(2003年)

教育・研究活動、社会貢献・その他の社会的活動

大学設置・学校法人審議会専門委員(大学設置分科会)

「幼児期の教育と小学校教育の円滑な接続の在り方に関する調査研究協力者会議」委員

教育史学会理事、日本ペスタロッチ-・フレーベル学会常任理事、日本学術会議連携会員など

主な著書・論文・調査研究報告等

『日本幼稚園成立史の研究』(風間書房、2001年)

『論集現代日本の教育史3 幼児教育・障害児教育』(共編著、日本図書センター、2013年)

「学制期の大学区教育会議に関する研究」(『日本教育史研究』29号、2009年)

「学制布告書の再検討」(『日本教育史研究』32号、2013年)

「1884年の文部省学制改革案の教育史的意義」(『上智大学教育学論集』49号、2015年)

所属学会

教育史学会、日本教育学会、日本保育学会、日本ペスタロッチ-・フレーベル学会、幼児教育史学会

研究・教育方針(研究指導・演習の特色等)モットー

日本教育史の授業は、教育の歴史について知るだけでなく、これまでに受けてきた教育を歴史的視点から相対化し、教育とは何かを考える機会を提供します。演習では、江戸時代の子育て書をテキストに、くずし字のトレーニングを行い、歴史文献を読む力を付けます。また、様々なテーマの論文の講読と討論を通じて、歴史的事実についての確かな認識と過去から現代の教育を見通し、把握する力を養います。

学生に一言(教員からのメッセージ)

新しい学問との出会いを楽しんでください。

総合人間科学部

アクセス アクセス