各学科のご案内

教育学科

教育方針

教育学科では、人間と教育をめぐる諸問題を教育学的観点から総合的・多角的に考究し、人間尊厳の教育を実現する力を養います。そのために、3つの領域(「基礎的領域」「実践的領域」「国際的領域」)を設け、学問的基礎の上に、今日の教育をめぐる実践的、国際的な課題にアプローチできるように教育課程を編成しています。そして、人間の尊厳を基底に置く、人間性と専門性に優れた教員や研究者を養成するとともに、国際社会でも活躍できる自立性と教育学的教養を備えた人材を養成します。

カリキュラムの特徴・履修科目

1~2年次では3つの領域の基礎となる科目(教育哲学、外国教育史、日本教育史、教育社会学、学校教育学、生涯教育学、国際教育学、国際教育開発学)を学びます。3年次にはそのうちから関心のある分野の演習をとり、ゼミに所属して専門的な学びを深めます。そして、4年次には自らの問題関心に基づいて調査・研究を行い、卒業論文を作成します。また、上記の科目のほか、教育の思想、教育行政学、各国の教育事情、社会教育計画論、企業内教育論、教育課程論、教育方法学、道徳教育、教育心理学、生涯学習とスポーツなど、数多くの選択科目を用意し、学生の幅広い学びを保証しています。

【履修科目一覧表】(画像をクリックすると拡大図を表示いたします)履修科目一覧表

※科目の詳細については、Webサイトのシラバスをご覧ください。

FAQ

Q.教員になるための学科ですか?

A.もちろん教員になりたい人たちが教育の基本的な問題を深く十分に学べる学科ですが、教員養成だけを主な目的とした学科ではありません。人が「育つ」、人を「育てる」ということについてのさまざまな問題、課題、方策を学び、社会のさまざまな場所で活躍できる人になる基礎を作ることができる学科です。

Q.どのような資格が取得できますか?

A.学科の所定科目を履修すれば、社会教育主事の資格を得ることができます。また、教職課程・学芸員課程に履修登録し、必要な単位を取得すれば、中学校教諭(社会)、高等学校教諭(地理歴史・公民)の1種免許状および学芸員の資格を取得することができます。

高校生だった私への手紙

須藤 玲(4年)

高校3年生の夏休み前はちょうど入試に向けて、国際教育協力の本を読んだり、情報を集めたりしていましたよね。勉強したい分野を決め、将来やりたい仕事も漠然と考えていたかと思います。私は今、上智大学でのさまざまな人との出会いを通じて、当時考えていたことをより深く考えることができています。先生方にも恵まれ、カンボジアや東ティモール、タイに行き、教育に関する調査も行いました。またGCPのプログラムに参加し、国際協力の分野で働く方々の授業を通して、国際協力といってもいろいろな働き方やアプローチがあると気づくことができました。今では高校生の時の自分とは違った将来像を持っています。その考えに至ることができたのも、上智大学のおかげです。また、部活動ではオーケストラに参加し、多くの仲間に囲まれた充実した日々を過ごしています。勉強面でも部活面でも、いつも切磋琢磨し合える仲間がいることに感謝しています。あの時、上智大学に行こうと思っていたことは間違いではありませんでした。受験に向けて頑張ってください。きっと人生を変えるような出来事がいっぱいありますよ。上智大学で待っています。

概要

□設置年:1952年

□学生総数:271人(男子:107人/女子:164人)

□教員総数:8人

科目紹介

教育哲学

古代ギリシャから現代に至る教育論を精読することによって、教育哲学の諸問題を考究し、さらに近・現代の教育の諸課題について検討します。

日本教育史

日本の教育の展開を追いながら、各時代の教育政策、理論、実践についての理解を図り、さらに幼児教育、女子教育、個性教育などテーマ別の学習を通して、今日の教育課題を考える手がかりを得ます。

外国教育史

「人間の尊厳の確立」という視点から、近代教育の思想と実践に関わる歴史的展開を概説し、欧米およびアジアの教育とわが国の教育との関わりを考察します。

生涯教育学

社会教育や生涯学習について概観し、青少年期については発達段階の理解をもとに社会教育の実践を考察、成人の学習については、その目的と動機、内容と方法、国際的動向などを研究します。

学校教育学

カリキュラムの編成原理について概観するとともに、各国におけるカリキュラムの実際と教育現場における改革の動向について検討することを通して、学校という教育機関の特質と課題について考えます。

国際教育学

国際化やグローバル化が進み、社会が大きく変化する中で、教育がもつ可能性と課題(多文化社会の教育、国際教育交流など)を比較教育や多文化教育の枠組みから考察します。

教育社会学

社会の変化と教育との関わりについて学ぶとともに、いじめ、不登校、学力低下、子どもの貧困、教員の多忙などのさまざまな教育問題を社会学の視点から考察します。

国際教育開発学

開発途上国や紛争後社会における教育と開発、および国際教育協力をテーマとしてそれらの諸課題について考察します。

教員・研究分野

氏名 研究分野
教授 加藤 守通 教育哲学・西洋教育思想史
教授 髙祖 敏明 日欧間の教育交流史、カトリック学校の歴史などについての研究
教授 小松 太郎 開発途上国や紛争後社会における教育と開発に関する研究
教授 酒井 朗 教育社会学、教育臨床社会学。児童生徒の学校不適応や学校間の連携・接続などについて研究
教授 杉村 美紀 アジアを中心とした人の国際移動と国際教育交流ならびに多文化教育に関する研究
教授 田中 治彦 開発教育、持続可能な開発のための教育、青少年期の社会教育
教授 奈須 正裕 カリキュラム開発と協同的授業づくりの教育方法学的研究
教授 湯川 嘉津美 日本教育史について研究。主なテーマは教育制度史、幼児教育史

総合人間科学部

アクセス アクセス